Pocket

ビルメン過酷現場は数あれど、筆者が最もオススメ出来ない、ぶっちぎりナンバーワンが「空港」です。
特に日本の主要都市にある就航数の多い都市型の空港。
これは本当、地雷中の地雷で、同業者の中でも「二度と行きたくない」という声がぶっちぎりで多い現場です。
同僚で空港に行ってた経験者がいますので、彼のエピソードも交えながらお話していきます。

その壱・責任が重過ぎる、けど待遇は低すぎる

よく飛行機の整備士さんで「レンチを紛失したら、見つかるまで飛行機を飛ばせない」という話を聞くかと思います。
これは飛行機の運航の安全に関わるという話ですが、空港のビルメンでも似たような話はありまして。

工具というのは言葉を変えれば凶器です。人を殺傷するだけの力があります。
空港で工具を紛失するということは「凶器が何処にあるか分からない」という非常に危険な状態なのです。
特に保安検査エリア(飛行機の搭乗者が手荷物検査を受けた後のエリア)、通称クリーンゾーンと呼ばれますが、そこでカッターナイフの1本でも紛失してしまったら・・・

以前に保安検査を受けずにゲートを通過した搭乗者がいて全員の検査をやり直す事態がありましたが、恐らく工具の紛失でも同じこととなります。
一度、すべてのお客様に退場して頂いて、職員総出の大捜索を行い、工具が見つかっても手荷物検査は全てやり直しです。

刃物1本でもハイジャックは起こせますからね。

ちなみに詳細は保安の都合上書けませんが、職員は特別な手続きをしてクリーンゾーンに工具類を持ち込んでいます。

また設備にトラブルがあって、飛行機が飛べなくなったという事態も起こりえます。
スイッチ1つの操作ミス、ちょっとした手違い。
こういったことがとんでもない大混乱を招きかねないのです。

飛行機が大幅に遅延した欠航した、損害賠償だといわれたら、大きい空港ではどれだけの金額になるか想像も出来ません。
カッターナイフ1本、ドライバー1本、スイッチ1つが生涯年収を超えるような損害賠償問題になるのかもしれないのです。

しかし航空会社の職員さんみたいに高度な倫理教育や安全教育を受けるわけでもありません。
所詮ただの「ビルメン」で待遇もそれ基準なのに、とてつもない責任を負わされかねない立場にいることは、余程の物好きでもなければやりたくないでしょう。

その弐・ビルオーナーの腐敗っぷりがヤバい

皆さんは空港って何処の持ち物かご存知でしょうか?

国?地方自治体?民間企業?

実は管理形態により色々あるのですが、一般にビルメンが関わるターミナルビルは「国や地方自治体の土地を借りて、そこに民間企業()が建物を建てて運営している」というスタイルが多いのです。

民間企業()と書いたのは、実質役人や公務員の天下り団体で「なんちゃって民間企業」状態になっているから。
「○○空港ビ○デング」を名乗ってる類は、この手のなんちゃって民間企業が多いです。

そして、この腐りっぷりが東○電力もビックリ。

「空港ビル 天下り」などで検索すると、ゾロゾロとその手の記事が出てきますが、中にいた立場から言うと概ね事実です。本当に腐ってます。
「社会に貢献する事業を」「利用者の声を第一に」よく言うわ、このハ○ダヌキどもがという感想。

で、上がそれだけ腐ってますので、真面目な人ほど心を病みます。

安全第一と言いながら更新の予算をくれない、お客様の快適性を第一にと言いながら古い機械を平気で使う。

人事面でもとにかく予算削減。人手は慢性的に不足。
慢性的人手不足に陥ってるので中途採用や新人が来ても教育出来ずに定着しない。

なのにトラブルが起きれば
「この空港は安全第一を掲げているのに、お前らにはその心が無いのか!」
「お前らはホスピタリティーの心がけが足りないから、お客様に不快な思いをさせるんだ!!」

はっきり言って「グダグダ言う前に予算を寄越せ、待遇改善しろ」ですよ。

大体ね「この機械は更新すべきです。いつトラブル起きても不思議じゃありません」と予算案出したのを突っぱねておきながら、いざ本当にトラブル起きたら現場の責任だと騒ぎ出す連中ですから。本物の屑です。

あと旅客用のエリアではクールビズだ省エネだと言いながら、クールビズ期間が始まったら真っ先に事務所が暑いと文句言うのは、決まってビルオーナー側だったという噂も聞いたことがあります。
お客さんは暑くていいけど自分達が暑いのは許せないんですかね()

その参・建物自体が大型商業施設を兼ねている

今の都市型空港は何処も「大型商業施設」としての側面が強いです。
飲食店やブランドショップなどが多数並び、飛行機を利用しない人でも楽しめる場所にということで色々と力を入れています。

建物の一部がホテルだったりするところもありますね。

なので空港のビルメンは大型商業施設のビルメンとしての仕事も同時にこなさなくてはいけないのです。

大型商業施設が如何にビルメンで厳しい部類に入るかは、是非ともこちらの記事などを

ビルメン過酷現場
大型商業施設編

他にはセキュリティが非常に厳しかったり、老若男女・国籍問わず不特定多数の人が集まるので館内の民度が凄まじく低かったり、飛行機のダイヤが狂えば作業予定を大幅に変更せざるを得なかったり・・・
擁護出来るポイントが何一つありません。いや本当。

 

世の中に楽な仕事なんて無いというのは当然でしょうが、同じ給料・待遇なのに重い責任だけ負わされるのは御免被るというのは当然の権利でしょう。

空港のビルメンというのは、その点で本当に大ハズレです。