Pocket

ビルメンも会社に属して給料を貰う以上「労働者」であり、労働基準法は深く関わってきます。

しかし労働基準法といっても、あまり馴染みがないのではないか。

と、いうわけで今回は労働基準法=労基法とはそもそも何なのかというところを解説していきます。

労基法の基礎理念

労基法は「労働者の保護」を目的とした法律です。

従来、労働者は「雇い主である資本家に奴隷のように使われて当然の存在」として扱われていました。

しかし、労働者も国民である以上、その人権は保護されなくてはいけないとして、人間らしく暮らせる最低限の条件を決めようという理念の基に成り立っているのが労基法です。

また使用者側の過度な権利を制限する為に、あくまでも使用者と労働者は対等な関係に立つということを労基法は双方に求めています。

労働基準法の第1条は以下のように定めています。

第一条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。

つまり人間らしい働き方が出来ないような労働条件は、国として認めないということです。

また、この条件は最低条件であるということも明記されています。

○2 この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。

例えば労働基準法では1週間に最低でも1日の休暇を付与せよとの基準が定められています。
週休2日の契約をしている労働者に対して「労基法では週1日でいいって言ってるので、週1日に変更します」はNGということです。

また2条に目をやりますと

第二条 労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。
○2 労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない。

簡単に書くと

「お互いが対等な立場で契約=労働条件を決めて、一度決めたルールは双方がしっかり守りなさい」

ということです。

労働者は決められた就業時間・仕事内容をしっかりと遂行する、使用者はそれに対して決められた給料を払う。

あくまでも「双方が義務を履行する」という点が、労基法の大きなポイントになります。